老犬ホーム

TOP

飼い主様に「ワンちゃんに全うしてほしい寿命は?」という意識調査をおこなったところ、 「約16.1歳」と平均寿命より長い答えがでました。

また、「ワンちゃんの健康寿命を延ばすためにペットケアに関する知識が十分にあるか?」という意識調査をおこなったところ、「ある」と答える飼い主様は少数で、多くの飼い主様が「ワンちゃんの健康寿命を延ばしたいと思うものの、ケアに対する自分の知識が十分ではない」という結果がでました。

老犬は、介護が必要となり目が離せなくなったり、認知症を患い夜鳴きで近隣住民に迷惑をかけてしまったりすることもあります。また、飼い主の高齢化で、飼育が困難になる場合もあります。

そんなとき、
「ボランティア団体や知人に引き取ってもらう」
というのもひとつですが、引き取り後の状態がわからない、という不安が残ります。
「保健所に引き取ってもらう」
という選択肢もありますが、殺処分になっては大変です。
私たちは、これらの選択は必ずしも飼い主の望む選択肢ではないと考えています。

そこで、セカンドハウスでは、ワンちゃんの終生お預かりのサービス「老犬ホーム」を開設しました。

セカンドハウスの老犬ホームでは、
ワンちゃん達は、設備・知識・技術の整った環境で、穏やかな老後を過ごし、幸せな一生を全うできます。

本当は最後まで一緒にいてあげたい…
でも、どうしても面倒を見ることが難しい。
と、お悩みのご家族様に、安心してご利用頂ける場所でありたいと願っています。

各々に合ったリハビリプログラム

老犬は、体力の衰えや免疫力の衰えにより問題を抱える犬が多くいます。
そのワンちゃん達に必要なものとして一番に挙げられるのが運動です。
ワンちゃんが歳を重ねると、
筋力が落ちる → 歩行困難になる → 有酸素運動ができない → 免疫力が低下する
という体の変化があらわれ、健やかな老後とはほど遠い生活が待ち受けます。
その為に、各々に合ったリハビリプログラムを作成しています。

各々に合ったリハビリプログラム

カートセラピー

カートセラピー

車椅子を使用することで、筋肉を鍛え、歩行が可能になり、ワンちゃんの「動きたい」という欲求を満たせます。 それにより、ワンちゃんにとって、体だけではなく心のケアにも繋がります。

オゾン療法

オゾン療法

オゾンミストやオゾンシャワーを使用し、歯や皮膚のケアをすることができます。 また、老犬であっても無理なく安全に利用できるのでご安心ください。 近年、「老いてまで痛い思いはさせたくない」「ゆったりとした最終期を過ごさせてあげたい」という思いの飼い主様は多く、これらの声に応えられる療法です。

バランスボールの導入、リハビリプログラムの提供

バランスボールの導入、リハビリプログラムの提供

ワンちゃんも、バランスボールを用いることで、普段使用していない筋肉を使い、体幹を鍛えることができます。 これらは、病気の予防や寝たきり防止にもつながります。 また、寝たきりになってしまったワンちゃんでも、バランスボールのトレーニングをおこなうことで、改善に繋がります。

日々の細やかな健康管理及び健康維持

健康な若いワンちゃんにとっては「些細な変化」が老犬にとっては「大きな変化」です。
セカンドハウスでは、日常から獣医師と連携をとり、細やかな健康管理や健康維持についてのシステム作りをしています。

日々の細やかな健康管理及び健康維持

カメラモニター付きの心拍・呼吸等を計測できる機器を完備しています。

カメラモニター付きの心拍・呼吸等を計測できる機器を完備しています。

データを定期的に提携獣医師にチェックしてもらうことで、健康管理を行います。 また、老犬にとっては、些細な体重の変化も健康管理において重要になるため、正確に計測できる体重計も完備しています。

老犬は汚物で汚れやすく、また、新陳代謝も悪くなります。

老犬は汚物で汚れやすく、また、新陳代謝も悪くなります。

それらを改善するには、温浴が効果的です。 定期的に温浴をおこなうことで、清潔が保たれるのはもちろんのこと、温浴効果で血行がよくなり、健康維持につながります。 また、温浴で濡れた犬を通常のドライヤーで乾かすには、ワンちゃんは立ちっぱなしになり時間も要します。 「乾かす」という些細な行為ですが、老犬にとっては心身ともに大きな負担がかかる為、ワンちゃんを乾かす際には「ボックスドライヤー」を使用しています。 ワンちゃんはボックスドライヤーの中に入っているだけで乾く為、足腰の弱い老犬には一番負担のかからない乾かし方です。 ボックスドライヤーは1℃単位で温度調整ができるので、ワンちゃんに合わせて快適な温度に設定しています。 ご安心ください。

ドッグランでの運動

  • 老いても動ける犬達が気兼ねなく遊ぶため
  • 足腰の弱った老犬が安心して「歩く」ことを楽しむため
  • カートセラピーを安全に取り組むため
  • 日光浴や良質な外的刺激を受けるため

セカンドハウスでは、併設されているドッグランを積極的に利用しています。
「歩く」という活動は、老犬が質のいい老後を過ごすためには、とても重要な行動です。歩くことで、有酸素運動ができ、血行やリンパの流れを良くするとともに、メンタル面でもリフレッシュができます。

ドッグランでの運動

ご来店、お電話、LINEでのご予約を承っております。

ご予約についてはこちらへ