セカンドハウスのブログ

TOP

2020.1.26

1月の勉強会は、超濃厚!

セカンドハウスでは、毎月、スタッフ同士で勉強会を開催しています。

昨日は1月の勉強会でした。

 

今回は、ペゲラボ(ペット減災研究室)活動に絡めて、

① 「同行避難と同伴避難の違い」を各自が発表

② 心肺蘇生とAEDの使い方講習

を主に勉強しました。

 

「同行避難と同伴避難の違い」については、

・各自が同じテーマで発表

・時間は5分間

・中学生でもわかるくらいわかりやすい説明

という制限を設けました。

セカンドハウスのボスは、ペット防災のスペシャリストなので、聞き役に徹してもらい、他4名での発表です。

同じお題で発表をするのは、今回が初めて!

すると、面白いことに、全員アプローチが違い、個性豊かな発表になりました (*^^*)

同じお題だからこそ、それぞれから学ぶことも多く、

「こういう表現もあるんだ」「こうすると伝わりやすそう」等々、とても勉強になりました!!

 

 

そして、「心肺蘇生法とAEDの使い方講習」(ペットではなく、人です)

これは、店長が応急手当普及員の資格をとっているので、

人形と練習機を使い、胸骨圧迫とAEDについて学びました。

みんな、自動車学校で習った以来。。。

人形を前に、教えてもらって、いざやってみると。。。

これが、結構難しいっ ^^;

特に、胸骨圧迫!(AEDは機械がしゃべってくれるので安心(笑))

コツ掴むのに苦労しましたが、みんな、一生懸命チャレンジ&クリアしました!

 

心肺蘇生法を使う時なんかないかもしれない。

それでも、知識があるのとないのとでは違います。

「いざ」というときの為に、ペットの命を救うためにも、人が命を落としてはいけない。

という思いがあっての勉強会です。

 

119番に連絡して、救急隊の方が到着するのに9分弱。

心臓や呼吸が止まってから、時間とともに命が助かる可能性は下がります。

救命処置をしなければ、1分につき10%下がるとも言われています。

ということは、何もしないで救急隊の方を待っていたら。。。

と思うと、改めてドキっとしました。

 

少しの知識と少しの勇気で、大切な人の命が救えるかもしれないですね。